ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

2019/02/18

いよいよ、確定申告

いよいよ、確定申告が始まります。今回は日本人の税負担について考えてみたいと思います。
個人の最高税率は国税と地方税を合わせて55%です。しかし、お金持ちではない我々にはほぼ関係のない税率で、年収1000万円のサラリーマンの実効税率は所得控除等を考えると10%程度と言われています。意外に少ないですね。
しかしながら、年々こっそりと上げられつつある、社会保険料を加味した場合はどうなるのでしょう?税金負担と社会保険料を合わせた負担率を国民負担率といいますが、日本の国民負担率は36.1%にもなるそうです。気になる人は国税庁のHPで確認してくださいね。
ところで、江戸時代の年貢は四公六民と学校で教えてもらいました。江戸時代後期には隠し田の開墾や農具の改良による生産力のアップで、実際の年貢率は2割から3割と想定されるそうです。結局、江戸時代も現在も同じくらいの税負担となるのですね。江戸時代は社会保障がない状況で3割の税率ですから、今の方がましといえるのかもしれませんね。

東本