ブログ

BLOG

ブログ

BLOG

2020/04/30

新型コロナウイルス感染症について

 今回の新型コロナウイルス感染症で、世界すべての国の経済活動がストップし、日本において緊急事態宣言が4月7日に発出され、不要不急の外出を控えなければならなくなることは全く想像できませんでした。
 緊急事態宣言後から当社に寄せられる相談内容の大半が、売上が突如なくなったなどの「資金繰りが非常にしんどくなったので、なんとかならないのか」というものでした。今回のような急激な売上の落ち込みは、リーマンショック、東日本大震災以上のものであり、すべての業種に影響を及ぼすものです。


 あまりにも先行きが見えないということから夜も寝付けないという経営者の声もよく聞きます。まずやらなければならないこととして、会社が生き残るために、どのように資金を回していくのかを考える必要があります。
 現在、政府から①新規の融資制度、②納税等の猶予、③助成金など様々な取り組みが発表されています。新規の融資であれば日本政策金融公庫、納税の猶予であれば税務署、助成金であればハローワークなどに一度電話してみてください。絶対に諦めたらダメです。


 融資について、例えリスケジュールをしているとしても、金融機関の方、保証協会の方としっかり話し合ってください。税務署についても同様です。
 これから1か月から2か月は、会社がどのようにしたら生き残れるかを考え、様々な方と協議し、少し落ち着いてから今後の会社の方向性を決めていけばよいと思います。


土田